FC2ブログ

アナログ系最強「パチンコ攻略プロ」バクロh77の真実故にちょっとあぶないpachinko blog

雑誌やネットでは絶対に公開されない、勝つことだけにこだわったパチンコ情報ブログ 攻略プロの思考と行動を発信します

menu

目 的

人気記事ランキング

フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事は、正解でもなんでもありません

半分ゴト師が、正攻法で勝つ為の日々を綴った日記です
読者様のご意見で、一番多かった

攻略プロの頭の中を知りたいということで記事にしています

ほとんど腐りかけているので、その点だけはご了承ください。

このような記事は、勝った時の記事ではなくて
おそらく微妙な展開が一番参考になるんと思っています


そんな中で、このトキオ企画をとおして感じたことは

バクロがまた新たな挑戦者のように新鮮な気持ちになっています。


近所の店にも堂々といけるわけです(笑)




さてさて、先日よりトキオでの稼働が続いていますので実践を交えながら大切なことを伝えていきます

ウンチクばかりでは、嫌になりますからね

私もいやです


この日、足を止めたのはこんな台でした。



当日データ

当たり 6回(1/30)



注目したのは前日の当たり回数と内容

前日  66回 1160鳴き




そして、それ以前のデータが

前々日 7回  253鳴き

3日前  61回 1232鳴き

4日前  25回 721鳴き



釘の見た目はたいしたことない。

というか他の店舗に比べたら全然悪い。

釘の見た目だけ判断したら到底打てる台ではなかった。


データ的から

3日前にも結構出ている。


その次の日に、稼働がなくマイナスで終わっているが

その次の日には、優秀な確率で終わっている


私は、このデータを見て

ほとんど釘は変わってないのではないか?と考えました。

確率が良いも悪い日もあるけれど

前日前々日と足して考えれば、それでも確率は良い

今日は前々日のように、悪いところから始まっただけでないだろうか。。

釘だけで見たら締めたなぁという感じで金を入れる気には到底ならない

しかし、過去の経験で

この系列では見た目の打つレベルを下げて、

良い思いを経験したことが何度もあった

「見た目以上に鳴く」とか「寄る」みたいなことを良く言っていたのを想いだした



そんなことを考えながら実践を開始した


最初に注意を向けるのは、もちろん見た目の釘がどの程度良い方向へ転がってくれるかだ

見た目通りなら打つに値しない

ヤメルなら早い方がいい

そんなことを考えながら打っていた


案の条というのか鳴きのほうは、見た目ほど悪くない

千円13回あるかないかかな?

その辺をうろうろしていた


釘のほうは、いったんクリアといった感じ

あとは、前日と同じような確率になるかどうか玉の動きを注視する


こちらも案の条、SPへかなりのハイペースでいってくれた

6、7個に1個SPへいくというかなりのハイペースでいってくれた
この時点でこの台は、ベースがあるのを確認した。


あとは、この台のご機嫌次第といったところ


鳴きにも目立ったムラはなく安定して13回くらいのペースで鳴いていると感じた。


この台の柱は、なんといってもSPへいくクセがだろう

これが、悪くなってしまえば打てない台へと変貌してしまう

後は、どのくらいこのベースに出玉を乗せられるかはNRの当たり次第

こちらもコンスタントに当たってくれている

むしろ序盤は、NRが打つ理由を支えてくれたといっても過言ではない

この台は、SPへいくものの当たりへ結びつかなかった

そこへきて、NRの当たりが良いとなれば

鳴きや寄りでは、計り知れないポテンシャルを秘めている台だと感じていた。


ちょっとだけSPやNRが一気に良い方向へ傾いたら

どうなってしまうんだという感覚を受けるほどこの台の役物には魅力を感じた

SPにいく、でも当たらない、でもNRが当たるというなにやら楽しい台だった


しかし当然ながらNRの当たりは垂れてくる


20000円(5000発)打ちこみ時のデータがこちら

11回(1/24.0)

265鳴き(13.25/1000円)

3:3:5(3R:7R:16R)

差玉+2086個

1Rあたりの出玉 71.5個



今までのデータからSPの当たりは上がってくるだろうと考えた

なかなか1/4の確率で終日を終えることの方が難しいからだ
そこでどれだけNRの当たり確率が保っていられるかが今後のカギ


と、いっても私には何もできないので

ヤメる判断材料、ペースに陰りを見せるような玉の動きに注目しながらこなしていく

やれることは常に、羽根付近に玉を送ってあげることだ

ストロークに片時も目を離さない時間が続いた。


私が意識していたことを知ってか知らずか

おのずとSPの当たり確率が上がってきた

心配していたSP入個確率は、一向に下がることなく今までの最高データに近い数字をマークした

この数字は、絶対に悪くなっていくだろうと感じていただけに予想外だった

そして、懸念材料だったSP当選確率も大幅に上がりなんとか滑り込みの1/2.94

まともな数字だ

前半良い動きをしていたNRはこちらも案の条といったっ感じで通常通りの確率へ

まぁ当然そうなるだろう


そうしたことを踏まえると

SP当選は少し悪い

NRはほぼ確率通り

あたり前だがこの台は、SP入個確率のおかげでもっていたようなもんだ


バクロ計算機の解説でも書きましたが、

羽根モノはどんな要因で出玉になっているのかを把握することが大事だと説明しました


そして、この台は寄りが素晴らしかったですね

こちらも見た目以上の玉の動きとなったようです


このデータを参考に

明日以降でこの台を攻める場合は、

クセとしてはSP入個確率だけに焦点をあてれば立ち回りの判断が容易になります



なにもわからない時点では


この釘でどのくらい鳴くのか?

どのくらい寄るのか?

そして役物は

SPへいきやすい台かどうか?

SPへいった玉は当たるのかどうか?

NRはどんな玉の軌道を描きやすいか?

など出玉につながるポイントをいくつも把握しなくてはいけませんでした。



しかし、この実践以降

この台の軸・出玉になる要因は、SP入個確率だということがわかります

このままの数字を保つ台であれば相当釘を締めなければ、店として営業できません

しばらくは、この台の様子を伺いにくることが多くなりそうです


こんな時にバクロ計算機を使うんです

今後この台を打ちに行くときには

このSP入個確率を期待して(アテにして)いくわけですね

この数字が悪くなれば直ぐに止めます

もう違う台だと判断して!

それが打つ理由ですからそれが悪くなってしまえば多少鳴こうがNRが良く当たろうが

軸とした確率が悪くなればこの台はやめます

そのやめるライン(自分の望む期待値を生まないレベル)を把握できるのが暴露計算機です

そうしないと、立ち回りがぶれてしまいます



今後、この台はSP入個数を軸とするので(確率を固定)

不確定要素の3つ(NR当選・SP入個数・SP当選)のうち一つが消えました

次にSP当選確率

これは、ほぼ過去のデータから1/2.5に収まるというふうに今のところは考えいますので

最低数値を1/2.5とパラメーターに入力します

そしてNRの確率がどの程度までだったら打っていられるのか?を事前に把握しておくと立ち回りが根拠のあるものとなります

それをあらかじめ知っておくのがバクロ計算機です

これが正解なのだというものではありません


これを理由に、数千発のカマを掘られることもあるでしょう

しかしほとんどの負けるケースの場合

希望的観測から根拠のない投資を続けることがほとんどです。


まず勝ち続ける一歩として、優位性のある間は打ち込み、優位性がなくなった時点で直ぐに止める

この繰り返しを行うために、まずは自分の立ち回る機種を深く知る必要があり

それをクリアしたら行動範囲の状況(クセと釘のバランス)を把握する

そうしたらまた違う機種を深く知りと、立ち回る手駒を増やすことで稼働をとっていくしか無いかもしれません。


<読者様の要望に応える立ち回りの考え方です>


釘の見た目が悪いのに、プラスになるポテンシャルをもつ台を発見した時

みなさんの嫌いな軍団・スロッター上りにはこの台が良いかどうかわかりません

打った人にしかわからないわけですよね

こういう台は、釘がわかる人に取っては打つのが結構キツイです

釘がわかる分、少しの下ムラでやめてしまってその後出てしまったなど良くあります


逆に釘のわからない人が気をつけなければいけないのが深追いです

このようなシビアな台で、2万勝ったとしても次の日1万負けたら意味がありません

釘のわからない人は、どうしても出玉だけで判断してしまいがちです


そのようなことにならないように

そして客観的な視線を取り入れるために数字をカウントしましょう

拾い個数
SP入個数
SP当選数
NR当選数
R振り分け


まずは、p-taroさんの実践データから

当たり549回 13927鳴き

もし実践する機会があればこちらの数字を参考にしてください


役物確率 1/12
拾い率 47%
SP入個数 1/9.3
SP当選数 1/2.18
NR当選数 1/26.6


この数字を意識することで

なんとなく数字の推移から

出玉に繋がる台なのかどうなか把握できるようになるかもしれません

何日か続けることで、今度は数字ではなくて感覚で判断していくと思います

羽根モノには数字では測れないものがまだまだあります

これがパチンコのたのしみですね


この独り言が、何かのお役に立てたら幸いです

<ご協力のお願い>
マジで駆除したいんです。「詐欺商材・エセ・偽モノ・なんとかの糸」
金使って上位表示を企むやつらに、負けたくないんです
おかげで「パチンコ 攻略」の検索結果なんて本当にろくなやつがでてこない


もしバクロの発信する情報が、少しでも"楽しい""なるほど"と、
感じていただけるので、あなたの貴重なお時間「2秒」を私にご協力ください

ブログランキングのクリックで応援お願いいたします
あなたの「2秒」×2のご協力が私の活動を支え、詐欺・その他どーしょもないやつらの駆除に繋がります
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ攻略・裏技へ
にほんブログ村

パチンコ ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

  • 09月 21 2013
    • 2013/09/21(土) 21:46:40
    • [ 編集 ]
    • URL
    • p-taro-
お疲れ様です。

釘読みの先といいますか、ポテンシャル読み?素晴らしいですね!

デジパチの優秀ステージの把握より難しいからこその、おいしさが隠れてますよね(笑)
  • 09月 22 2013
    • 2013/09/22(日) 18:58:09
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ゴエモン-
バクロさんお疲れ様です。
早速質問なんですが、TOKIOで大当たり中ラウンド間の止め打ち以外は何かやってますか?
羽が速く、開放ごとに合わせるのは難しいので、ラウンド間しか止めてないのですが、バクロさんはどうしてますか?
  • 09月 23 2013
    • 2013/09/23(月) 00:01:38
    • [ 編集 ]
    • URL
    • バクロh77-
>>p-taroさん

バカにしてますか(笑)
教えてくれたのはp-taroさんですよ!
しかも、デジパチのステージのクセと比べるなんて酷い…
  • 09月 23 2013
    • 2013/09/23(月) 00:10:51
    • [ 編集 ]
    • URL
    • バクロh77-
ゴエモンさん

僕もラウンド間しか止めてないですよ
何度か試しましたがフルオープンになってしまいましたのであきらめました(笑)
羽根開放のサイクルが早いですもんね。

ラウンド間の止め打ち以外だと、
「UPいけぇー」と、×××持ち上げたり
なんだかんだやってますが・・・無意味ですね。

さんざん店を騒がした挙句、最近無意味ということにようやく気づきました(汗


オトシに入って「ぷーん」と、音なったら速攻で打ち出しヤメるくらいですね

すんませーん、からっぽで!

せっかくコメントくれたのに。。。
  • 09月 23 2013
    • 2013/09/23(月) 00:34:50
    • [ 編集 ]
    • URL
    • ゴエモン-
いえいえ、バクロさんが何もやってないってことは無理ってことですね。じゃあ僕の打ち方に特に問題なし!!
んーーとりあえず無理ってことで!

勘違いしないでね、何かやってる訳じゃないんですよ。

けど何かやりたいと思ってる(笑)

後日、何かできた時にね。

「ウソついてたの?」ってことになっちゃうから(笑)

だんだんわかってきたよ、ゴエモンさん。

この台・・・


・・・




バネだ(笑)

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。