FC2ブログ

アナログ系最強「パチンコ攻略プロ」バクロh77の真実故にちょっとあぶないpachinko blog

雑誌やネットでは絶対に公開されない、勝つことだけにこだわったパチンコ情報ブログ 攻略プロの思考と行動を発信します

menu

目 的

人気記事ランキング

フリーエリア

  • ホースケミニ・タイムボカンの攻略の真相(2)

ホースケについて

なぜか今、家にホースケミニがいるので動画で解説したいなぁと思いますけど。

とりあえず記事で。


この台もタイムボカン同様に…


微妙。。。


て、いうかこの台こそゴト師のご登場をお願いしたい



でも、攻略とは呼べないけど効果のある打ち方はあった。

あー、効果はあったなぁ勝ってたから。

釘が悪くなればなるほど効果があったから、今なら攻略なのかなぁ、こんなのも。




この台は、みんな捻りうちやってたよね。


でも、同じようなことやってるけど

アイツが出せない台で、俺なら出せるという感じがちょくちょくあった

勘違いしないでね

俺は上手いぜって言ってるわけじゃない(笑)



なんで捻るのか?
なにをどんな玉を作りたくて捻っているのか?

そこまで考えているかどうかでその差がリアルにでていたのだろうと思う。


ちょっと偉そうに感じたらごめんなさい。
そうですよね、勝手に教える立場っておかしいですよね(笑)


その差とは、捻りの効果を

たくさん羽根に玉を拾わせようとする考えの人と

当たる穴が先にわかっていて
・ハネが開いて速攻で拾わせたい
・羽根の閉じる寸前のところで拾わせたい
・虫食いにならないように玉を連続させて拾わせたい

この3つを開放のタイミングによって臨機応変に対応する捻り


通常は後者だったと思うが

たまぁに見たことのない人がやっていると、たいてい前者のやり方



<前者のやりかたの悪い理由>

当たりのポイントがわかっていないため

羽根開き直後の直ぐにひろった玉なら当たりという時に無理にハンドルを捻って

肝心の当たるタイミングで玉が拾わないということ



タイミングの把握方法はご存知でしょうか?

フクロウの赤穴(V)の位置を基準にする

羽根が開いた時2~11時(ふくろうがクイックモーションしているとき)このタイミングは当たらない

羽根が開いたとき3.4.5時くらいは、羽根が開いて直ぐにひろった玉が大当たりのチャンスになる

同じように5.6.7時くらいは、羽根の開放の真ん中あたりで拾った玉が大当たりのチャンス

8.9.10時あたりは、羽根の閉じ際に拾った玉がチャンスとなる


これを理解すればどのタイミングで捻るのかが大きく変わることが分かってもらえると思います。



<実践の場合>

やったことのある人は上記の説明でわかってもらえると思うが

やったことのない人へ向けて以下は書きます


連チャン中でも通常時でも同じ

羽根が開く寸前に音がします

500円も打てば

「あーこれね」とわかります。

その音がしたら羽根が開くタイミングがわかるので

ふくろの位置を確認しながらそのタイミング次第で捻りを決める


単純に言ってしまえば、8.9.10時は捻ったほうがよいという感じ


なんでもかんでも捻るなよ、てってこと。

ただそれだけを大げさに書きました


ストロークも

全部の左・右の人がいたけど

釘次第では右の3本クギに当てて捻る 右・右のほうが虫食いにならないし良かった


以上で説明になっているでしょうか?

わからなければ実機でご説明します!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する