FC2ブログ

アナログ系最強「パチンコ攻略プロ」バクロh77の真実故にちょっとあぶないpachinko blog

雑誌やネットでは絶対に公開されない、勝つことだけにこだわったパチンコ情報ブログ 攻略プロの思考と行動を発信します

menu

目 的

人気記事ランキング

フリーエリア

  • CRAもっとレレレにおまかせ もういっかいってそういうこと? 最終報告

こんにちわ!


今回は、羽根モノ「もっとレレレにおまかせもういっかい」の実践報告と今後の展望です

新台導入前夜、試打動画を参考に暫定版の止め打ちをメルマガにて報告しましたが開始わずか5分で玉砕しました。

開放パターンは数種というバイアス(偏った見方)を僕が持っていたことが原因でしたね。

以後、気を付けます(笑)


仕切りなおして開店直後から止め打ちを模索しました

いろいろなタイミングを測ってメモっては、外でまとめてノートに集計します

こういう日は、稼働よりも攻略の有無や可能性ばかり探究するので
私の台は圧倒的に他の台よりも稼働が少なくなってしまいます。
鳴き回数は他の台よりも1/2、1/3程度
あげくは、店内放送で呼び出される始末でした。


何か出来ないかなぁと試行錯誤しましたが、使い物になるワザはないですね

どれも微妙です



前回のメルマガで触れましたが、当たりをとるために特定の箇所を狙う止め打ちは、解放パターンが細かくランダムなので無理

では、どうしようかと考えました。

開放パターンは、超はやいの(4時間)と超遅い(15時間)のがありますが、メインは6時~13時間が圧倒的に多いのでその箇所だけ
打とうというのが1時から4発打つ止め打ちでした
*役物1周を時計にみたてて12時間で表しています


これは、当たり確率が悪いところを打たないという節約要素の止め打ちなのでご理解ください

この打ち方で勝てるという効果はありません。

ベースがあって生きてくるものなので、過度の期待はしないでくださいね。

良い釘を打つ機会があったら参考にしてください


と、いってもここで問題なのが「良いクギ・・・」

良いクギ?


いよいよこの台の一番、腹がたつポイントへ差し掛かってきました



前作の「もっとレレレにおまかせ」をはじめて打ったとき

SPにストッパーつけて玉が回らないのとSP契機がタイミング良く拾う仕組みを見て

「そうきたか、大一…」

初期のレレレに続き新レレレでも迷惑かけたお詫びのつもりなんだろうと感じていた。




いくらバッチリ対策してあるんで何もできませんよ。と、いってもあまりのクソ台っぷりに導入数日で客がすっ飛んでしまっては元も子もない


今回の「…もういっかい」は、そのような改善点が施され発売になったのだと

読者の中にも期待していた人が、いたのではないでしょうか?

ふたを開けてみると…



なにも変わってなーい!!



と、いうことは…


既にご存知の方も多いと思いますが、

この台…クソ台です。





それもただのクソ台ではありません。

とんでもなくクソ台です。





何がクソって、前作同様玉が拾わないことです。


そら20回鳴いても出ませんよ


そうなんです、この台千円で20回鳴いても勝てない台が続出しております。

何度も言ってますが、とにかくこの台はゲージが悪すぎです。

前回から大不評だった激悪の寄りクギ

周辺を改善するのかと思いきや、まさかの変更なし

鳴いて拾わないのは、鳴かないことよりもストレスだと私は感じます。



こういう台のたちが悪いのが、見た目を凄く良く見えるようにできること。

完全にホールにとって都合の良い台です

ハカマを広げちゃえばアシなんてゲームセンターのように広げても大丈夫じゃないか?

素人相手に、アシだけ釘開ける店が続出しそうです

この台良く鳴くから追ってみようなんてならないでくださいね

*羽根モノに関して同一機種の中で最も釘の良い台は、一番勝てない台といっても過言ではありません。
逆に一番釘の悪い台がその店の中で一番クセの良い台だといっても過言ではないのです



この台は、相当開けてないと出ませんので、見た目の釘に惑わされないように気をつけてください。
中にはクセがよくて6~7割近く蹴る台もあるようですが基本はゴミです。
日本全国の釘と出玉を見たわけではありませんので、断定できませんがこのゲージで出すには相当な釘が必要です。

それだけは頭に入れておいてくださいね

間違っても「良くなくから打とう」などと、思わないでください



「もっとレレレにおまかせもういっかい」の「…もういっかい」って

同じモノをもう一回ってことだったんですね。

終わったな、大一。

湘南爆走族を出した時には、日本が世界に誇れる企業だと思ってたけど

クソ台をもういっかい出してくるこの太太しさ(ふてぶてしさ)には、年間ゴミ機種グランプリの最有力候補となりました



叩きやら引っ張りやら揺すりやらいろいろやられすぎた結果、警戒するがあまりクソ台へとなってしまったのはわかる。

でも、同じ台をまた売るのはやめようよ。



<有料メルマガ購読者サイトにて実践レビューを更新しました>

レレレで、○○○○を実践した結果、蹴りが2割程度上がるというものです。

専用サイトにて、確認できるので興味のある方はどうぞ

スポンサーサイト



コメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する