FC2ブログ

アナログ系最強「パチンコ攻略プロ」バクロh77の真実故にちょっとあぶないpachinko blog

雑誌やネットでは絶対に公開されない、勝つことだけにこだわったパチンコ情報ブログ 攻略プロの思考と行動を発信します

menu

目 的

人気記事ランキング

フリーエリア

①通常時のストローク

ぶっこみ打つか天釘打つかどちらか寄る方で打つ。


バネがまともなら基本はぶっこみを通す。

バネ悪や釘悪でぶっこみを玉が通らず寄りが足らなければ、天釘を試すとか。

どちらが良いかの判断は、必ず感覚ではなく

拾った数をカウントして数字で判断したほうが良いです。


一部雑誌などで天釘打つとへそ(2鳴き)に入りやすくなる等と書かれていたようですが、真意はどうなのでしょうか?




②技術介入要素 ケース別発射タイミングの判断ポイント


1)落としの保留が点いた場合

羽根開放したら打つのを止める。(正確には羽根開放直前で発射を止める。音で判断)

役物の人形のウイングに注目。
ウイングの二回目の開閉を終えた瞬間にアースタッチで次の保留の羽根開放にタイミング合います。

これで、拾い率アップと玉の節約が見込めます。

2)へそに入った時

一開放目が開く瞬間位にアースタッチで二開放目が合いやすい。が、しかし一開放目の空振りを避けたい人はやめたほうがいいだろう。


3)当たりの消化時

知っている人もいるかもしれないが、
ストロークや釘調整にもよるが開放に対して二個ずつ打つのが良いです。

もしくは、2個→1個→2個→1個→2個→1個→2個→1個で消化。
私は、この1個と2個の交互がタイミングがとりやすくてやり易いです。

上記方法だと、寄りがまともであればかなり効率よく拾われます。
当たり出玉が当然多くなりますのでおすすめなのですが、しかし羽根に拾われれば保留連チャンのカギを握るヘソ方面へ球が流れなくなります。

消化時間もかかります。ので、ヘソ釘がまともな台ならヘソ入賞をまず狙ってラウンド間の止め打ちのみで消化し、保留が点いたら上記方法で大当たり消化がベストかもしれません。


止め打ちのタイミングは羽根が動いた瞬間~中間辺りまで、全開放だと遅い。
1個打ちの場合は、羽根が開ききった瞬間が良い。

場合によっては、捻りもありだが目立つのと難易度が高いので
安定したストロークに合わせて、打つタイミングに集中するのが良いだろう。



③保留連チャン促進



1)当たり中に右下ランプ群を確認し、その塊の一番左側に縦四つランプがあり下二つ点灯でへそ保留あり状態となり一段階目クリアです。

2)Vが真ん中停止が1、左に着いたら2、真ん中に戻り停止が3、右に着いたら4、真ん中に戻り停止が5だとすると2.5と4.5で最終ラウンドの10発目をセンサー感知で大体OKです。

 *台の寝かせ等で玉の転がる速度が違うので早めたり遅めたり微調整は必要です。


3)玉の打ち出すタイミング。
セット完了してラウンド消化が全て終わると、役物の両端にある小さいセグが二回点滅をし始めます。
二回がワンセットとすると、六回目の二回点滅の一回目が点いた瞬間位にアースタッチがいいようです。


4)最終ラウンドの一つ前のラウンドでの準備状態が作れます。
これは、この状態にしておけば最終ラウンドは玉を9個入れてフルオープンにして終わらせれば同じV位置にさせられるやり方です。
やり方は前述した番号で言うと135です。ようは真ん中に戻ってきて止まる瞬間くらいです。
この時も個体差がありますので微調整してください。


当たり終了後、開放の二回目に上手く玉が羽根に拾われれば見事連チャンが取れるということです。

*因みにこの狙っているタイミングは王道ルートです。
2開放目でも玉の拾われ方では、王道ルートへ流れない場合もあります。(早く拾ったり、遅く拾ったりの場合)
あくまで連チャン促進打法です。



以上がデビルマン倶楽部の攻め方です。

皆さん頑張ってください。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する