アナログ系最強「パチンコ攻略プロ」バクロh77の真実故にちょっとあぶないpachinko blog

雑誌やネットでは絶対に公開されない、勝つことだけにこだわったパチンコ情報ブログ 攻略プロの思考と行動を発信します

menu

目 的

人気記事ランキング

フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ数日間色々試してはみたが絶大な技術介入はどうやらなさそうです〓

もしかしたら〇〇〇が利く?かもしれないが最近のホールの警戒心を考えるとやらないほうが良さそうだ。

こうなると店周りして調べておいた癖良台の開き狙いくらいしか手段はないのかもしれません…

癖の良い台は少し釘があくだけで打てる台となります。

しかしその変化には、頻繁に覗いてないと気づきません。

わからない程度の調整をマメにしてくる店も出てきました。

羽根モノは多少の釘の変化に敏感です。

もう締まってしまったから・・と、近づかなくなるのではなく
マメに入れ替えなどで足を運んで見ると、思わぬ勝ちを手に入れることができるかもしれません。


スポンサーサイト
  • CRAビッグシューターX 実践3日間のまとめ 今打つならこんな台!

実践3日間で、CRAビッグシューターによる勝ちにつながる大きなポイントを説明します。

まず羽根モノで勝つには、ポイントが3つあります。

・鳴き
・寄り
・クセ


当たり前ですね(笑)

鳴きと寄りに関しては、釘です。
元ゲージも大きくかかわりますが、この2つに関しては打てばわかります。


千円で13鳴き とか、
42%くらい寄る台だなぁ と。


しかし、「クセ」はそういう訳にはいきません。
何台も何店舗も渡り歩き、何十台も見て打って感じてやっとわかるものです。

*「クセ」=当たりの良い台

プロの知り合いがいれば、何台も見てきているので
このへんの情報は、どんな台がクセの良い台なのかがわかります。


今回のビッグシューターでクセの良い台とは、


初日から話題にしていた「ローターの穴を球が通過した位置によるV入賞率」に差があります。


簡単にいうと6時付近で当たるのは当たり前。

これが外れるとやばい台です。
当たり確率 1/40コースです。
一度でも外れるようなことがあるとやめたくなります。


問題は、ちょい右、ちょい左で穴を通過したときにどれだけ当たってくれるか?です。


この角度から当たるようなら多少の鳴き、寄りの悪さは我慢して様子を見たほうが良いでしょう!

ビッグシューターファンならこのへんは、当然理解している部分ではあるかと思いますが(笑)


単純に寄りと鳴きだけでやめてしまうと、大きなカマをほられることになります。

実際に、この3日間で何度も目の当たりにしてきました。


当然、台のベースとなる「鳴き」「寄り」は大事ですが
羽根モノでもっとも大事なのは「クセ」です。

クセは当たり確率のようなものですから、

平均してほとんどの台が1/30前後のなか
1台だけ1/20前後と確率が良い台があるのはこのせいです。

店としては、このような台の寄りや鳴きを日に日に削っていって調整していきます。


羽根モノの新台入れ替えが、プロに好まれるのは
このようなクセ良し台が、店にはわからないことが要因です。

羽根モノのクセ(当たり確率)は長時間稼働しないと把握できなので、店の思惑以上の出玉が期待できるのです。



店の釘調整は、当たり確率がわかって初めて成立します。
いわゆるボーダー以下の調整ということですね。

*ボーダーを今では理解している人が多いと思いますので、あえてボーダー理論の説明はしません。


長くなってしまいました、要は

真ん中で外れたらヤバい!

斜めで当たったらおおっぉおおお!ってことです。

この話しも有益なのは、今週いっぱいでしょう。

そのあとは、店側もクセを十分に把握したうえでの釘調整となります。


そのへんを十分に理解して、ご活用ください


なお、わからない点などありましたら気軽に質問ください



  • CRAビッグシューターX 羽根の右から拾わせるアイデアの実践報告

ビッグシューターの最初の記事でふれた「ローターの穴通過位置によるV入賞率」について右打ちが良いかも?なんて書きましたが、初日の台がたまたまそんなクセの台だったようです。

羽根の右、左による入賞率の差は、すべての台で同じ現象ではないようです。

以後の実践台ではローター位置6時付近でないと、ほとんど当たらない台ばかりでした。

なので、右から拾わせる必要ありません(笑)


「まぁ効果ないでしょう…」と、予想した通りでした。

じゃあなんで記事にしたんだよ!と、言われそうですが
その時そう思ったことを記事にしたまでです。

そんなアイデアを10も20もだしていけば効果のある技にたどり着ける。まぁそんな訳です。
  • CRAビッグシューターX 

本日は、昨日の台を押さえにきた。

釘を見ると、はかまが広がっていて
羽根に近い寄り釘が締まっている。

打ってみると、やはり見た目通りだった。

鳴きは千円あたり6~7回落ちているような?


やむなく店移動。


次の店は、3台中2台が空き台。

釘を見ると、寄りも鳴きもかなり悪そうなのでパス。


次の店は2台あるが、両方見たことある顔が打っていて
良ければやめる事がない連中。

1台はまあまあ良さ気だが、超がつく程ではなさそう!


次の店は4台設置。

後ろから見る限り風車上寄り釘がマイナスでかなり厳しそう…

1台だけまあまあ出ているが、

鳴きがいいのか?

振り分けがいいのか?



いずれにしろ今日は一日、店周りになりそうな予感。。。
  • CRAビッグシューターX 止め打ち効果の見込めない理由についての訂正

前回の記事の訂正です。

早朝に書いたので、間違えてしまいました(笑)

ごめんなさい!!


ローター(センター役物)が止まってしまうので、無理。。。と、書きましたが誤りです。


正確には、

役物中央のローターは常に一定に回っている。

そのため、羽根の解放タイミングが一定だったら、もしくはランダムだったとしても偏りが あれば止め打ちも可能かもしれません。

しかしこの台は、私の計測ですが

羽根解放1.3~2.8秒の間でランダム

ここに、極端な偏りが無いのと、
どの球筋に合わせるか、王道ルートがないのがその理由です。

狙った穴を通過したとしても、そこからのV入賞率が低い。


以上が訂正文です。


ブタのようにspルートにいけば、悪くても80%はV 入賞するようでないと攻略とはならない…

………と、間違えた記事の訂正から若干ずれてしまいましたが今日も実践中でございます。

前回の攻略アイデアの真意を確かめてます。

まぁ効果があったとしても大したことないだろうけど…

釘のまともな今のうちに発見できれば、使えるネタではないかなぁ、と。

まぁ、全ては私の妄想なので。

軽くスルーしてやってください。


しかし、今までのネタの全ては妄想から始まったのも事実。


マジカペでも、クセがまともなら使える小ネタがあったからついつい考えちゃいます。

ていうか、そんなプラス効果の技を考えずにパチンコなんて打ってられないでしょ!?




CRAビッグシューターX







さっそく打ってきましたので私の感じたことを、簡単に書きます。



良かったら参考にしてください



この台は、甘いかもしれないですね

なぜかというと、今日の実践店舗では、全台がプラスでした。

この店は、新台をアケた試しがない。
全台プラスなんて事故としか考えられない。

店が意図したものと結果が違うんだと思います。

もしかすると、店がチャラを意識して釘調整しても出ちゃうかも?

そんな感じをうけました。


まぁ、ネオよりも甘いのは間違いないです(笑)


ネオは、ぶっこみ狙いが死への最短ルートでしたが、この台では改善されていました。

ストロークはぶっこみ通していれば良いと思います。



他には、役物が止まってしまうので止め打ちは効果ないと思います。

羽根開放への合わせ打ちですが、測ってみたところ開放パターンがいくつかあるようで厳しそうです。


そんな中でも、明日に繋がりそうな技術介入のアイデアがうっすらとあります。


それは、センター役物(くるくる回ってるやつ)を
球がどのタイミングで通過するかによって、V入賞率に明らかな差がありました。



一番良いのは、

真ん中(時計で表すと6時付近)

次は、左(7,8時付近)

極悪が、右(4、5時付近)


左の羽根から拾われた球は、必然とセンター役物の4、5時付近から通過することが多くなります。

この位置からの入賞率がかなり悪いのです。


役物ですので、当然個体差があります。

確証ではありません、あくまでもこれは、私の脳内解析です。



今は単純に、球を右の羽根から拾わせればどうかなぁあ?と、妄想しています(笑)


初期のビックシューター攻略のゴム打ちを思い出しました。


明日は、この辺を調べる予定です。

あくまでも現段階では、脳内解析です。


おそらくスカるでしょう。。。


でも、一番ノリを目指して頑張ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。