アナログ系最強「パチンコ攻略プロ」バクロh77の真実故にちょっとあぶないpachinko blog

雑誌やネットでは絶対に公開されない、勝つことだけにこだわったパチンコ情報ブログ 攻略プロの思考と行動を発信します

menu

目 的

人気記事ランキング

フリーエリア

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世間では増えないとされているため初心者の方には少し難しいので、
基本的な単発打ちで増やす方法から説明します



<基本>
この機種は、スルー通過で直ぐにセグが停止ベロが約1秒開放するのみです
直ぐに次のスルー消化に入ってしまいます。
それを覚えておいてください

<基本となる単発打ち>

1.まずは右打ちでスルーの保留が3個点灯で止め打ちを開始します
2.盤面右下のセグに7が止まったらアースタッチ

保留がある限り1個打ちを繰り返す
これが基本となります

*この機種は、おそらく止め打ちなどの対策としてアースタッチしてから1拍おいて玉が発射されます。馴れないと1個打ち、2個打ちすらままならないと思うので練習してください。直ぐになれます

これだけでも1回転に1個くらいは増えます。
この程度の止め打ちで、ほとんどの台でこの機種は本当は増えるんです。
但し、この程度の技術だけで勝てる台は 現状ありませんのでご理解ください。

さて本題の激増止め打ちですが、1個2個の交互で打ちます。
2個は捻りで入れます
まずは、手を捻りの姿勢をとります。

1.ストロークはスルーの保留を点けにいくときに、捻り打ちを使用して少しでもベロに玉を送ります
 タイミングは7が停止したら直ぐに捻ると早いので次の玉を捻るイメージで捻ってください
 どんなタイミングでも2発拾えば良いです
 拾うかどうかを見ればタイミングはわかります
 要は、7が停止して直ぐに捻ったら早い、1拍おく感じです。
 【重要】
慣れるまでは打ちっぱなし。次が重要なので次が出来たらここもマスターしてください

2.2個保留が点いたら準備に入ります
 ハンドルは右に捻った状態がここでの正しいスタイルとなります
 *高尾のハンドルのクセを使うのでこれが重要です

3.セグ停止で先ほど練習したタイミングで打ちます。
  この1発は99%入るように、打ち出すタイミングを合わせてください
 このタイミングがずれていると、次の重要な2発打ちがズレてしまいます

3.2発打つタイミングはセグを見ません
 先ほど打った1個の玉を参考にして打ち出すタイミングを図ります。

 *理由*
 2発打ちは1個打ちより気持ち早めに打ち出す必要があります
 その際に直ぐに止まる7を毎回基準にすると頭が混乱しやすいので。
 混乱しなければそれでOKです


 説明に戻ります

  1個打ちした玉を目で追いかけ右打ちの道の右上部に紫色の部分があります
 そこを玉が通った瞬間に、ストップボタンとハンドルを同時に離します

 自然とハンドルは、一気に弱め打ちのストロークへ移動

これが高尾のハンドルを使ったこの攻略の重要ポイントだと私は思っています
*普通にできればそれでお願いします。
全然自由です これが玉を重ねるのに楽だと思いますが。。。
私の勘違いでないこと祈ります(笑)

 (2発打ちの続き)    

弱めの玉がでたら(役の上部に当たったら)一気にハンドルを右全開へ
 と、同時にストップボタンを抑える。これで2発だけ発射される

 *ハンドルを右に持っていくのが早いと、弱く打つはずの1発目が早くなってしまうので気を付けてください

4.右へ捻って打ち出しをストップしたら、目線をセグへ。
 7が停止した瞬間、1発打つ

5.目線を盤面右上部分の紫部分にズラし玉がそこを通ったら前回同様に2発打ち

*この繰り返しとなります


ハンドルのクセになれれば直ぐに出来ると思います。
このようなものは非常に説明が難しいので、下部で動画もご覧になれますでご了承ください。

私の実践台のほとんどはマイナス調整です。
スルーは、頻繁に枯れてしまいますが十分増えます

プラス調整はないでしょう。

スルーよりもスルー下の逆三角の釘が重要です
これがスルーよりも増やしに大きくかかわります
実践の時は、気をつけて見てください

実践動画を、上記の説明に合わせてご覧ください





この台は、やけにハンドルが強くて今までにない手のポジションになれるのに時間がかかりました。
4分あたりからやっとコツを掴んできて、まともに玉を誘導しています。


上級者がまともな釘でやると、このくらいの増加スピードです





・ポジションを作る手の参考動画
・実践台した台の釘を撮影した動画
は明日の無料メルマガで配信いたします。

まだ登録してない方は、こちらから

説明&映像がわかりづらくて、本当に申し訳ありません
わからなければお気軽にご質問ください
saitobakuro@gmail.com

17日までの有料メルマガ購読特典
雑誌やネットでは絶対に公開されない攻略ネタの特典はこちら

絶対にパチンコで負けないでください
そのためのお手伝いなら出来る限りいたします

スポンサーサイト
おはようございます!

今週は特に新台がありません。

レレレもこんな様子だと打つ機会がなさそうです。


さて、今回は

世の中の人が増えないと思っている「カイジ沼ざわっ」の増やしの情報です。

この機種は、ネットのどこをみても玉増えはしないとあります。

減るというものまでありました。


今回ご覧いただく動画は、おそらくみなさんの予想を超える増え方をしています

9月10日にこのブログでも公開しますが、気になる効果のほどはこちらの動画をどうぞ

40回転で118発増えました




15回転で当たって120発増えました





1/300などいくつかスペック違いがありますが、スルーの開放にハズレが含まれるの為できません。

甘デジのみです。

現在日本で2千数百店舗(1円4円混合)



私の稼働メイン機種です。

効果はもちろん釘調整によりますが、

大当たり1回分に60~100発+になる感じです。

1回転あたりで2~3個

1日単位で2000~3000個

等価で10000円前後の技術介入です





普通に打つと現状維持が精いっぱいが
増えるのだから数字以上のアドバンテージとなります。


具体的な方法を説明します。


世間では増えないとされているため少し難しいので、
基本的な単発打ちで増やす方法から説明します

<基本>
この機種は、スルー通過で直ぐにセグが停止

ベロが約1秒開放後、直ぐに次のスルー消化に入ってしまいます。

消化のテンポが速いので、それを覚えておいてください



<基本となる単発打ち>

1.まずは右打ちでスルーの保留が3個点灯で止め打ちを開始します

2.盤面右下のセグに7が止まったらアースタッチ

保留がある限り1個打ちを繰り返す

これが基本となります

*この機種はアースタッチしてから1拍おいて玉が発射されます。馴れないと1個打ち、2個打ちすらままならないと思うので練習してください。直ぐになれます


これでも1回転に1個くらいは増えます。

この程度の止め打ちで、ほとんどの台でこの機種は本当は増えるんです。



さて本題の激増止め打ちですが
ちょっとあぶないパチンコ攻略メルマガにて昨日、詳細手順・実践動画を配信いたしました。



9月10日にこのブログでも公開する予定です

楽しみにしていてください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。